大田区仲六郷2-14-14 カンタービレ1階
「雑色駅より徒歩30秒」

  • shinki saishin
  • MENU

MENU

歯の豆知識

knowledge

舌小帯

舌の裏にあるヒダ(舌小帯)の長さが短かったり、太かったり、ヒダの位置が悪いと舌の動きを制限してしまいます。舌の動きが妨げられていると、舌を上に持ち上げる事ができずに舌が低い位置に固定されてしまいます。舌小帯によって舌の動きが制限されていると判断した場合、舌の先が「スポット」と呼ばれる上の前歯の根元の膨らみに届くように舌を伸ばす練習をします。
舌小帯の張りがひどくて舌があまり動かせてない状態だと、そもそも普段舌を動かさないため舌の筋肉が発達しませんし舌を動かすという感覚すらありません。舌が硬直して全く動かせない状態だと物理的に舌を持ち上げられないので当院では同意を得て可能であれは舌の動きを制限するような舌小帯を切除し舌を動かしやすくしてから機能訓練をします。
舌の動きは切除だけで治るわけではなく、むしろ機能訓練で筋力をつける事の方が大事です。