大田区仲六郷2-14-14 カンタービレ1階
「雑色駅より徒歩30秒」

  • shinki saishin
  • MENU

MENU

歯の豆知識

knowledge

歯を失うリスク 歯周病①

虫歯より歯を失うリスクの高いもの、それは歯周病です。(歯を失う原因第一位)
虫歯と歯周病の違いはこうです。
では歯周病って治るの?というのが疑問かと思いますが
現在では、歯周病は予防でき治療も可能です。

大切なのは診断、治療、そして予防のメンテナンスです。

この15年の間に、歯周治療は急速な進歩を遂げました。
以前は「不治の病」とさえ言われていた歯周病も、
現在では進行を阻止することが可能となり、

健康をとりもどすことができるのです。

まず、歯周病の原因は歯垢ですから、それをためない、
増やさないことが基本です。
歯周病は、細菌の感染によって引き起こされる炎症性疾患です。
歯と歯肉の境目の清掃が行き届かないでいると、
そこに多くの細菌が停滞し歯肉の辺縁が「炎症」を帯びて赤くなったり、
腫れたりします。(痛みはほとんどの場合ありません)
そして、進行すると歯周ポケットと呼ばれる歯と歯肉の境目が深くなり、
を支える土台が溶けて歯が動くようになり、隙間が出来たり、
自然に歯が抜けてしまうかもしれません。
歯周病の原因は歯垢の他にも次のことも
歯周病を進行させる因子となります。
1. 歯ぎしり、くいしばり、かみしめ
2. 不適合な冠や義歯
3. 不規則な食習慣
4. 喫煙
5. ストレス
6. 全身疾患(糖尿病、骨粗鬆症、ホルモン異常)
7. 薬の長期服用